一週間を終えて|Tangoの話であったり なかったり(β版)

一週間を終えて

2017年4月 9日

 かれこれ10年近く、履き潰しては同じデザインのタンゴシューズを履いておりましが、ついに浮気をしてしまいました('-'*)

IMG_0423.JPG

 今まで履いていたシューズに比べると硬いのですが、そのぶん床へのアプローチが安定していてデザインも好み。そして何より安い! 今のお財布に優しかったことが決め手となりました('-'*)

 ただ、このDNIというブランドは、「〝ここのタンゴシューズを履くということは、上手いってことなんだろな?〟と思われることは覚悟しておいた方がいい」という話も聞きました。自分の足に合うシューズと出会えるだけで幸せな環境でタンゴをしていた僕ですので、「さすが本場は凄いなあ......」と思ったわけでございます。

 昨日は夕方から雨の予報だったため、シューズを買ったあとは、米ドルをアルゼンチンペソに両替して、サッサと帰宅。先日のシルビア先生のレッスンの復習などをして過ごしました。着いたばかりということもあるのでしょうが、これでなかなか忙しく、レッスンはおろか復習をする時間もようやく取れた感じです。

 ちなみに、ブエノスアイレスに到着した日に700ドル両替をして、これで帰国まで保てばいいなあと淡い期待を抱いておりましたが、全然ダメでした。ミロンガ1回につき、僕らの場合は二人で約5000円。エントランス料金はミロンガによってまちまちですが、ワインかスパークリングワインのボトルが必ず一本は空きますのでね(笑)。節約するといっても、水を飲みながら踊れる性格ではないので、今後のミロンガは近場になることが増えそうです。