見学|Tangoの話であったり なかったり(β版)

見学

2017年5月18日

 朝のレッスンを終えたその足で、ミロンガ会場候補のひとつを見学させてもらいに行って参りました。閑静な住宅街の中にひょっこりあって、まだ木の香りが残る真新しい空間。外見は一軒家のようですが、玄関を入ると、一階はライブフロア。二階はキッチン+リビングとライブフロアが吹き抜けを通して繋がっていて、三階は練習用と録音用の音楽スタジオの二部屋という造りになっていました。あまりに出来立てほやほやの綺麗な場所だったので、中に入らせて頂くとき、まるで新雪に脚を突っ込むような申し訳ない気持ちになりました。音楽好きの有志が集まって建てられたというこのスタジオは、設計の段階から音響にこだわり抜かれ、設備も充実。その分この空間に対する想いも深いのですが、立場は違えど気持ちは僕も同じでございます。

 本来僕は、ミロンガは夜の方が好きなのですが、この場所に関して言えば、日曜日の夕方早めとか、そんな感じが似合うような気が致しました。というのも、駅からの道がとても素敵で、贅沢な気持ちでお越し頂けると思ったからです。なのでワインもアルゼンチンのマルベックを用意して、La Noche del Tangoのようなイベント色の強いミロンガというよりも、手作りの隠れ家風なイメージで出来たらいいな......なんて思ってみたわけなのでした。

 ......と、ここまで書いておきながらなんなのですが、スケジュール等の担当の方が現在ミラノに居らっしゃるらしく、細かい話は出来ていません(笑)。それでも何かが動き出した感じが嬉しくて、とてもハッピーな一日でした('-'*)

 そしてうっかり、歯医者さんへ行くのを忘れてしまったのでした(´;ω;`)