一年が経って......|Tangoの話であったり なかったり(β版)

一年が経って......

2018年5月 5日

「......あ、そういえばアルゼンチンから帰ってきて一年が経つんだな」と今朝ふと気付きました。中身はなんにも変わってないのですが、Todoroki TANGOLa Noche del TangoASADO milongaZonatangoといったミロンガをオーガナイズしたり共同開催させて頂いたり、Tango Salon LOCAという場所まで出来て、そこだけ振り返ると、なんだかいろんなことがあった一年だなあという気も致します。帰国してから、またLOCAができてから出会った方々も多くって......いや、もうその方が多いのかな? 編集者からタンゴへ転身したとき、タンゴを辞めてしばらく期間を置いてタンゴバーのマスターとしてこの世界に帰ってきたとき、そのときどきで僕の置かれている状況は違いますが、でもやっぱりよくよく考えてみると、中身はちっとも変ってないんだなあと思います。

 さて、先日あるミロンガで、8割は胡散臭いけど2割くらいはいい人だと思っている愛すべき同業の方が、やたらとLOCAの予約制の部分だけ強調して周りの先生方に宣伝して下さるので、「そうやって表面だけかじって、ディスりながら持ち上げるのやめてくんないかな」と言ったわけですよ。そのたび、「LOCAはそんなに広いわけじゃないから、突然来て頂いても入れないことがある」「他の仕事が入ったときに予約制にしておいた方が休みやすい」「予約してレッスンに来て頂いた方が、その人にあった内容を考えておくことができる」といった説明をして......。きっとこんな調子で普段から話を広めていっているんだろうなと思ったもので、あらためて書いておこうと思いました('-'*)