(昨日のつづき)|Tangoの話であったり なかったり(β版)

(昨日のつづき)

2020年4月27日

 シールのあとがついてベタベタになってしまったスマホを呆然と眺めていると、あやちゃんが「別のケースを買ってきて、それに張り付ければいいんじゃない?」と言った。これなら取り外しが楽だし、シールのあとがつくこともない。ナイス!

 そうこうしているうちに現物が届いたので保護フィルムを貼る。僕はこの作業が滅茶苦茶苦手で、今回もナゼ今? というタイミングでくしゃみが出て失敗。自粛が明けたら店に持ってって張り直してもらおうと固く誓う。その後、データとSIMカードの移し替え。今時のiPhoneて、近くに置いておくだけで勝手にデータ転送してくれるのね。便利......て、けっこう前からなのかな?

 一通り作業が済んだのち買い物へ。あやちゃんがスーパーへ行っているあいだ、僕は外で待機。スマホケースを買いがてらブラブラしていたら、マツモトキヨシの店頭にはマスクが積み上げられ(最近ニュースでよく見る50枚入り3,500円とかのではない)、隣の100均にはアルコール除菌スプレーが売っていた。品薄状態が改善されてきているのかな。

 家に帰ると早速スマホとケースをドッキング。いい感じ! 失敗したからこそ今があるのだとしみじみ思う。そうでなければ今頃は、新品のiPhoneにシールがベッタリくっ付いて、保護フィルムが失敗したどころではないショックを受けていたはずである。あやちゃんに感謝していると、キッチンから御機嫌な声で、「見てみて! たけしさんが喜ぶと思って買っといたよ」と声が聞こえた。なんだろう? と思って確認すると、しらすだった(謎)