ありがとうございました!|Tangoの話であったり なかったり(β版)

ありがとうございました!

2020年8月17日

 職業、人格なども含めて僕がもしタンゴ教師という道を選んでいなかったら話しかけることさえ憚られるような美しい女性たちに囲まれて誕生日を迎えることができました。この御時世に本当に有難い話です。また、このハーレムみたいな(笑)状況を自然と受け止めてくれる奥さんにも感謝しかありません。誕生日当日は弟子との稽古。最高のプレゼントでした。つくづく僕は幸せ者です。

 そのせいなのか誕生日を境に芽生えたのかはわかりませんが、ぼちぼちミロンガを再開してみようかな? という気持ちになってきました。もちろんかつてのようにはいかず、いろいろ面倒な制約を設けさせて頂くことになると思います。しかし自分の心の中から一歩を踏み出してみようと思えたことは大きいかな。この気持ちを焦らず大事に育てていきたいと思います。