鬼滅の刃|Tangoの話であったり なかったり(β版)

鬼滅の刃

2020年11月 4日

 ようやく『鬼滅の刃「無限列車編」』を観に行けました。僕は特段、鬼滅好きというわけではなく、春の自粛期間中に時間があったのでAmazonプライムでアニメを観て、まあ面白いけどそこまで騒がれるほどかな? というのが正直な感想で原作はまだ読んでません。それでも映画が公開になると、あの続きが気になるという気持ちはあったのでタイミングをはかっていたのですが、なかなか合わず。また、プロジェクトのことで一杯で、ここしばらくドラマを観てもちっとも頭に入って来ない。こんな精神状態で観て大丈夫だろうか? とも思ったのですが、まったく無用な心配でした('-'*)

 この手の作品の場合、観に行った話をすると「流行ってるもんね~」と言われがちですが、『鬼滅の刃「無限列車編」』はそういうのとは全然違います。純粋に面白さが桁違い。僕個人的にはテレビシリーズとも段違い。一晩経っても余韻が冷めません。だからといってすぐ次が気になるというわけではなく、またいつか続編が出たら観ようという感じ。終わり方が変に気を持たせず綺麗だったからでしょうね。とにかく面白かったです。元気と勇気をもらいました。