一日が経ち|Tangoの話であったり なかったり(β版)

一日が経ち

2020年11月11日

「自分に好意を示してくれる人よりも敵意を示して来る人に反応して認められようと頑張る癖」。これは機能不全家庭育ちに凄く多い気がするんだけど、この癖を治してその分の感情と時間を好意を示してくれる人に注ぎ込めば今の5倍くらい幸せになれます。......という書き込みを見て、本当にそうだと思うし常に気を付けているポイントではあるのだけど、見えるものを見えないふりとか感じていることを感じてないふりとかするのも結構しんどいものがあり、機能不全家庭育ちに多いということも妙に納得しました。ひょっとして俺の行動の源は親に認められたいということからなのか? ......いやあ、考えたことなかったけど、だったら嫌だなあ。「自分が正しい、面白いと信じることに素直でありたい」であってもらいたいものです。

 さて、プロモーションビデオを発表して一日が過ぎました。有難いメッセージをけっこう頂いて、なかには泣かれたなんて方までいて、それには少し驚きましたが、嬉しい? 安心? そんな気分でFacebookを開いたところ「いいね」が8つ。しかもほぼ出演者というね。「いいね」の数とか普段はあまりチェックしないんだけど、ある意味これもまた凄いなと感心してみたりなんかして。嬉しいかと聞かれたらそんなことはないけど不思議と悪い気もしない。何故だろうと考えてみたところ、冒頭の言葉を思い出しました。そう、それが答えです。ただこれがYouTubeの再生回数だったら自殺してたかもしれませんね(笑)