前半終了|Tangoの話であったり なかったり(β版)

前半終了

2018年9月23日

 ブエノスアイレスに来て一週間が経ちました。昨日のお昼過ぎに大半の生徒さんは帰国して、残ったのは僕ら夫婦と、T夫婦の4人。彼らが暮らしているアパートと僕らのところとは徒歩15分ほど。ふたりはアルゼンチンの経験もあるし、海外生活においては僕らより遥かに慣れていることもあり、これからは「今日〇〇のミロンガへ行くけど、どうする?」とかそんな感じになっていくでしょう。

 さて、この一週間は、特に大きなトラブルもなく、ほぼ天気にも恵まれ、これ以上ないメンバーでした。そして聴けた演奏のラインナップは以下の通り。

  • 17日 Orquesta Victoria
  • 18日 Tango Bardo
  • 19日 Esteban Morgado / Jusna y Los Heladeros del Tango
  • 20日 La Juan D'Arienzo
  • 21日 Orquesta Típica Misteriosa

 そしてみんなが帰国した昨夜は、女性ボーカルが入れ替わったOrquesta Romantica Milonguera。T夫妻は僕らが到着する一日前にSexteto Milongueroの演奏で踊っているし、先に帰った生徒さんたちは、日本について一息ついた頃にColor Tangoのライブが待っているし、なんだかとてつもない奇跡がずっと続いているような感じが致します。だって一週間ずれていたら、明後日は公共交通機関がストで止まるというし大規模デモも予想されているし、ライブだってここまでのメンツが揃うかどうか......。そのぶんハードスケジュールだったわけですが、とにかく無事に前半のツアーを終えられて安心しております。

 この一週間、どんな生活を送っていたのか。それについては今回は僕らだけの話にとどまらないので、いろいろ整理してからあらためてゆっくり書ければと思います。しかしこれだけは心から言えます。夢のような一週間でした。みんなありがとう!