おととい|Tangoの話であったり なかったり(β版)

おととい

2020年7月31日

 生まれて初めてバドミントンをやりました。4人でコートを借りたのですが未経験者は僕ひとり。まったく付いていけず。特に目から離れた場所に対する空間把握能力が致命的にダメ。そしてスポーツで爽やかに汗を流しながら走りまわる自分の姿に戸惑いを覚えながら、それでも以前の僕ならこういうときにまず参加自体を断っていただろうから、少しは成長したのかな? と思ってみたり。

 また、僕らが借りていたコートの向かいでは、〇〇タンゴ(具体的な名称は書いていいのかわからないので伏せておきます)という物凄く興味をそそられる名前のかたが借りられていて、こんな御時世でもこうして偶然タンゴの名を目にするくらいには踊られていることをとても嬉しく感じました。