土曜レッスンについて|Tangoの話であったり なかったり(β版)

土曜レッスンについて

2020年7月11日

 ここ数日、腰痛がひどい。気圧のせいかな。行きつけの病院へ行ったらロクに話も聞かず、痛み止めの薬と湿布をくれました。緩いところがこの病院の魅力ではあるのだけど......ねえ。

 というわけで二時間ほどかけてストレッチという名のメンテナンスを行ない、騙しだまし筋トレとエクササイズ。マッサージへ行ったり鍼を打ってもらったり色々試してみたけれど、結局、背筋を鍛えて自力で支えるのが一番効果的なのです。また、こんなときだからこそ普段より身体と向き合えて、新しい発見があったりもします。

 話は変わりますが、最近よく、レッスンで横軸と縦軸の話をします。ここで言うところの横軸とは情報などで得た知識。タンゴなら教わったステップの数。縦軸は実体験に基づいた考え。タンゴならそれぞれの動きをどれだけ掘り下げているかといったところでしょうか。博識なわりに話が薄っぺらく感じられたり、ステップの数は多いんだけど様になっていなかったりというのは、横軸と縦軸のバランスが合っていないためです。ステップを増やしたところでミロンガで踊る機会が少ない今、縦軸をじっくり見つめ直すのもアリだと思っています。

 さて、AGITOをきっかけに、最近では土曜日のレッスンでも使わせて頂いている東中野のスペースですが、今月をもってお休みし、来月からは「CO・MO・RE YOTSUYA(コモレ四谷)」に移ることになりました。こちらのオーナーさんには本当に色々融通して頂いて、感謝の言葉もありません。コロナが落ち着いたらまたAGITOとしてミロンガをやりたいと願っています。東中野でのレッスンはあと3回。来週は東京に帰ってきた一番弟子が来てくれる予定です。最後まで楽しい時間を過ごしたいと思います。

 コロナ以降、様々な場所でレッスンをさせて頂くようになって(プライベートレッスンで訪れた場所を含めると10ヶ所以上)、あらためて縁というか奇跡というか、目に見えないものの力を感じます。これからも感謝を胸に精進していきたいと思います。